マイペースで気ままに、物作りと趣味と多肉の記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by キナリ
 
[スポンサー広告
クラシカル ワンピース
今日は、梅雨の晴れ間ですね。

洗濯しなくては・・・・

ジメジメ感は少ない気がするので、梅雨でも過ごしやすいかな?



さて、今日は久々に頑張ってソーイングです。

ってか、真面目にソーイングですね。

その前に

先日、大変お世話になった父の兄の(85歳だったかな?)奥様が

お亡くなりになり、通夜・葬儀に出席してきました。

高齢である事もあり、本当に身内だけの家族葬だったのですが

セレモニーホールでの式でした。

病院ではなく家で亡くなったそうで、数ヶ月前位から具合がよくなくて

病院に行って精密検査しても、全く問題ない数値で、入院が出来なくて

三姉妹が代わる代わる泊まって見守っていたそうです。

1週間程前に、やっぱりしんどいと言う事で

亡くなる日にやっと入院が決まっていたみたいです。

お姉ちゃんによると、あんなにしんどそうだったのに

これと言った、数値・病名が付けれないと、入院が出来ないなんて・・・

なんか、複雑ですよね。

確かに、入院するだけなんですよね。

点滴も、薬は入れれないし、治療も出来ないので、仕方ないのかもしれません。

家で亡くなる人が少なくなった昨今、家で亡くなると検死をするんです。

警察が来てするやつです。

朝目覚めたら、息を引き取っていたそうなので、病院で亡くなるのとは違い

いわゆる皆に看取られる事が無くと言う事だったようです。

お姉ちゃん達は、まさかこんなにすぐに亡くなるとは思っていなかったので

辛かったでしょうね。

でも私は、病院で辛い闘病生活を何年間もして、亡くなるという光景を見て来たので

ひょっとしたら、最後はしんどかったけど、家で亡くなるのは

悪くないんじゃないかなと思えました。

家族・親族はしんどい事も多いですが

毎日家族が病院に来るような、闘病生活を見守る家族も

本当に大変ですから・・・

何が良いかは、それぞれですが、私はそう思いました。



さて、少し横道しましたが、この事があって

喪服にも良さそうなデザインの、リネン服を

それも、夏用を・・・・と、作ってみました。(前振り長くてすんません)



クラシカル ワンピース



今回はかなり真面目に作りましたよ(いつもはどうなのよ)


こちらの作品です。

まず、型紙をトレースして、疲れて1日目は終了

何だろ、製図とか(正確には写すだけなんですが)好きじゃないみたい・・・

このワンピース、こう見えてシンプルな造りではないんです。

で、翌日生地裁断で、終了(汗

で、やっと縫製に掛かりました。ヤレヤレ



クラシカル ワンピース



頑張った甲斐あって、満足度80%かな

写真写りは、この感じそのままです。

一番手こずったのは、脇

そう、ただ後ろ身頃と前身頃を縫い合わせるだけじゃないんですよ

脇にマチが付いてるんです。

あぁ・・・これが大変だった。

こういった所が、クラシカルなのか?


クラシカル ワンピース


分かり難いですが、立体感があるんですよね。

かなり前に買ってあった、リネンのくるみボタンもしっくり馴染んでます。



クラシカル ワンピース


そして、後ろにはダーツとたっぷり深いボックスプリーツ

前は、ダーツと深いボックスプリーツが入ってるので

スカート部分は、たっぷりとした分量なのに、はすっきりしています。

シルエットは、やっぱりクラシカルですね。

縫製に2日掛かって、計4日

本当に久々に、本と睨めっこしながら、じっくり作りました。

次は、脇をマチ無しで作りたいと思います。



こんな生地で作ったら、良いだろうなぁ


上質なリネンは一生物になりそう・・・

スポンサーサイト
Posted by キナリ
comment:0   trackback:0
[ソーイング・大人]  thema:ハンドメイドの作品たち - genre:趣味・実用
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sugasugar.blog96.fc2.com/tb.php/508-8d3fd116
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。